▼ 上から新着順です ▼

椎間板ヘルニアになってしまったらどうしたらいい!?

予防することはとても大切!それでももしヘルニアになってしまったら!?

 こんにちは、山の上の院長こと佐々木です。元々「ヘルニア」という言葉の意味は「飛び出す」というラテン語で、皆さんがご存じの腰部椎間板ヘルニアや頸椎ヘルニアなどは「外ヘルニア」に分類されている症状です。ただしこのヘルニアに分類されている症状の中には、ヘルニアという呼び名が症状名として正式な呼称ではないものも含まれており、正式な呼称と症状名が異なる場合もあります。

 今回はこのヘルニアの中でも、腰部椎間板ヘルニアと頸椎ヘルニアについてのお話しをしてゆきたいと思います。腰や首で起こるヘルニアは、姿勢を正したり生活環境を改善してゆくことで十分に予防することが出来る症状ではありますが、今回に関しては「すでにヘルニアと診断を受けてしまった場合」について対処法を考えてみたいと思います。



ヘルニアには様々な種類がある

 最初でも触れたように、ヘルニアという言葉はラテン語で「飛び出す」という意味があります。これは、体の組織が本来ある場所から飛び出してしまうということを言い、軟骨だけでなく内臓、脳などでもヘルニアと呼ばれる症状があります。

 ヘルニアには大きく分類して、腹膜に包まれたまま腹腔外に脱出する「外ヘルニア」と、腹腔内で起こる裂孔などに内臓の臓器の一部が入り込んでしまう「内ヘルニア」とがあります。一般的に良く耳にするヘルニアは大部分が外ヘルニアになります。

 ヘルニアという呼び方をする場合でも、本来の症状名とは異なる場合がありますが、わかりやすいものとしては、主には小腸が突出してしまう腸ヘルニアは、一般的には脱腸と言われます。このように、正式な呼称と言えない場合があるので、例えば病院での検査で腸ヘルニアという診断を受けたとします。これは脱腸と同様の症状の場合が多く、他にもこのような同様の症状なのに呼び名が違ってしまう場合があります。


頸椎(首)ヘルニアの症状

首で起こる頸椎ヘルニアも腰で起こる腰部椎間板ヘルニアも、骨と骨の間にある椎間板と呼ばれる軟骨様組織が変形を起こしたり押しつぶされてしまうことで、椎間板の中身である髄核(ずいかく)が後方に飛び出すことで後ろの脊椎神経に触れて刺激をすることで起こる症状と言われています。指先まで症状が出ている場合、どの指に痛みが出ていたり、しびれがあるのかを確認することで、首の部分の何番目の神経を刺激しているのかがある程度わかります。

 症状としては主訴は首の痛みではなく、肩甲骨周辺や鎖骨周辺から片腕、指先までの痛みやしびれになります。このような症状が出ている場合、握力を計測したり、左右の腕の力を比較してみると、明らかに症状の出ている側の方が弱く、頸椎ヘルニアの場合は、自分自身の腕の重さに引っ張られてきつい症状が出ます。その為、何かに腕や肘を上げて支えていると症状が楽になります。

 首の角度としては天井を見上げるような角度にしてしまうと症状が強くなり、下を向くと症状が楽になる特徴がありますので、寝る時にはやや高めの枕か、首ではなく出来るだけ後頭部に枕が当たるようにして寝て頂くと少しは楽になると思います。


腰部椎間板ヘルニアの症状

腰部椎間板ヘルニアは、当初は軽めの腰痛が1週間から2週間前後続くようになり、その後は腰痛が消え(消えるというか他部位に激痛が出るので腰痛が曖昧になっているのだと思います)、下肢(お尻から脚)に激痛やしびれが現れます。

 大部分の場合は前傾姿勢(お辞儀するような姿勢)をとると症状が増し、姿勢を垂直に立てると症状が弱まります。ただし骨盤部のすぐ上で起こってしまうと逆になり、前傾姿勢で楽になります。

 主な原因として考えなければならないのが、頸椎ヘルニア、腰部椎間板ヘルニア共に、姿勢が悪くなることでヘルニアになる可能性が飛躍的に上がるということです。例えば首の骨にも腰の骨にも、後方に反って配置されている特徴がありますが、姿勢が悪くなる(猫背)ことで、後方に反っているはずの弯曲が消失し、骨と骨の前側の隙間が狭くなり、骨全体を後ろ側へ押し出そうとする力がかかります。

 以前は良く「腰が痛い時こそ姿勢を正すこと。」と言われたりしましたが、まさにこれはその通りだと思います。ただ、痛みに無理に耐えてまで行って下さいということではなく、普段から意識をして姿勢を気を付けるということが大切になります。


では実際に痛みが出てしまったら?

痛まないように予防をすることが大前提となりますが、それでももし痛みが現れてしまったら、どのように対処してゆくことが大切なのかを考えてみたいと思います。

 基本的には日常的に行えることや、生活の中で気をつけて頂きたいことを下記にまとめましたので、ご覧下さい。尚、頸椎の場合の対処法には「首」、腰椎の場合の対処法には「腰」、両方とも共通の場合は「共」と記載してあります。

●肩甲骨をやや後方によせて姿勢を出来るだけ良くする(共)
●肩甲骨を良く動かすような体操を行う(首)
●両腕を大きくばんざいするような背伸び体操をする(共)
●自宅で休む時にはなるべく症状が楽になる姿勢で(共)
●立っている時、座っている時はコルセットを着用(共)
●骨盤部をチューブなどで絞めて、腰を大きく回す体操をする(腰)
●お尻と太もものストレッチを入念に行う(腰)
●両手で後頭部を支えて、手と後頭部とで互いに押し合いをする(首)
●長時間同じ姿勢を保持するのをなるべく避ける(共)
●睡眠不足を避ける(共)
●痛みを我慢しながらの動作はなるべく避ける(共)

 現在、首と腰に起こるヘルニアに関しては「自然治癒する」という事実が明らかになっており、平均的な傾向から見ると、首の方が腰に比べて、治癒(症状が消失)にかかる時間は圧倒的に短くなります。

 人間は立っている姿勢と座っている姿勢は、地面に対して背骨が垂直になっている姿勢の為、重力が背骨に対して縦にかかっています。骨と骨の間の組織にも上から押しつぶすような力がかかっていると言えます。その為、その重力を支えてくれる役割がコルセットと呼ばれるものになります。

 コルセットを立っている時と座っている時にはなるべく着用する時間を長めにして、寝る時には外してもらうということが大切ですが、あまり長く使い続けてしまうと、支えられている部位の筋力に対する負荷も支えてしまう為に、その部位の筋力が弱まってしまうので、十分に耐えられるくらいの痛みくらいに落ち着いた場合には、なるべく早めにコルセットの使用をやめるように心がけましょう。




現状では経過観察が主になっている

 頸椎ヘルニアや腰部椎間板ヘルニアに関しては、現在は経過観察が主となっており、その他には手術や神経根ブロック注射などになっています。おそらく今後は新しい注射による治療法が確立されてくると思いますが、とてもつらい症状ですので、どうしても結果を急ぐあまり、その時の最良な選択肢を選択できず、一刻も早くしようとしてしまいたくなります。

 私自身の個人的な感想をお話しさせて頂きますが、手術に関しては最後の手段として考えて頂いた方が良いのではないかと思います。自然治癒とは、元々ある組織があってこそのことなので、手術によって摘出してしまうと、そこには元の組織が少量だったとしても無くなってしまうことになります。ぜひその辺を考えられた上で最良の選択をして頂きたいと思います。