▼ 上から新着順です ▼

誰でもわかる!からだ教科書・・・「足編」

足は人間の体と地面とが最初に触れる部位。足のバランスは体全てに通じる!

 こんにちは、山の上の院長こと佐々木です。今回の誰でもわかる!からだ教科書は、いよいよ体の一番下の部位である「足編」です。

 足のバランスや複雑なアーチ構造は、その機能を失ってしまうと、その影響は全身に波及します。例えば背中が痛い、腰が痛いということの原因が実は足にありましたということも全然不思議ではないことなのです。

 足のバランスが崩れてしまうと、重量物を持ち上げる際の体にかかる負担や、走ったり跳んだりする時の運動能力に大きな差が出てしまいます。「足の健康は体の健康」ということをお話ししてみたいと思います。



足底部を構成するアーチ構造

 人間の足の裏である足底部には大きく分けて「外側と内側の縦アーチと指の付け根にある横アーチ」の3つのアーチ構造があります。皆さんが良く知っている通称「土踏まず」は内側縦アーチに当たります。

 このアーチ構造が正常であれば、足底部全体に一定の圧がかかった状態となっていますが、バランスが崩れてしまうと一部の皮膚が固くなってしまったり、魚の目やタコができてしまったりしやすくなります。

 特に女性に多く見られる傾向がありますが、横アーチが崩れてしまっていることで、中指の付け根付近の皮膚が固くなってしまったり、魚の目やタコができてしまう方がおります。これは普段はいている靴などにも左右されてしまいますので、ヒールの高い靴や底の固い靴などを普段から履いている方は特に注意が必要だと言えます。


アーチの崩れが起こす体の状況

足底部のアーチ構造が崩れてしまうことで、体には様々な影響を及ぼしてしまいますが、主にどのような状況が考えられるのかを下記にまとめてみました。

●重心位置がずれることで起こる首の痛み
●重心位置がずれることで起こる腰背部痛
●重心位置がずれることで起こる肩こり
●捻挫のような痛みが足首に出る
●内側、外側のくるぶし周辺の痛み
●重量物が持ちにくくなる
●力仕事の時に力を入れにくくなる
●膝の痛み
●足の甲に痛みが出る
●足底腱膜炎(筋膜炎)によるかかとの痛み
●足底部の一部分の痛み

 一般の方ももちろんですが、特にアスリートの方は、足底部のアーチ構造の崩れが大会結果や記録に大きく関わってくる可能性がかなり高くなりますので、普段から足底部のケアや調整が必要となります。また、それだけでなく体の痛みや不調とも直結する場合も多く、歩行姿勢や歩行時の重心位置が問題となっている場合がほとんどで、やや前傾姿勢(前かがみ)で歩く癖のある方や、逆に後方重心(お腹を前に出すような姿勢)で歩く方は、体の重心位置や中心線がゆがんでしまっている可能性がありますので、適切な調整を行ってもらうことが必要です。


足裏は東洋医学では内臓のツボの集合体

足底部は体の肉体的バランスを考えてみても大切な部位ですが、その他に東洋医学では「内臓の反射区」とされており、内臓の不調が現れる部位でもあります。その為、足底部の刺激は内臓の活性化を促すことのできる部位だと言われております。

 ただひとつ気を付けて頂きたいのは、よくテレビのバラエティ番組などで行われる罰ゲームなどの足ツボに見られますが、演者の方がかなり痛そうにしている姿を見ますが、例えば術者(先生)が木の棒などの道具を使わないで、ご自身の指で施術を行っている場合、あまり力を込めていなくても痛がってしまう場合、このような時は内臓の不調などを疑っても良い状況だと思いますが、極端に力を込めている場合や棒などの道具を力いっぱい押し付けている場合に演者が痛がる状況はあまり良いことだとは言えません。

 足底部は日常的に体全体の体重を支え、走ったり歩いたりする時の衝撃も受け止めている部位ではありますが、最初にもお話しした通り、様々なアーチ構造によって、足底部全体に均等に分散して受け止めていますので、一点を強く刺激しすぎると一種の打撲というか挫傷を起こしてしまうことがあります。

 もし足ツボマッサージ、フットセラピーなどに通っている方の中で、施術後に歩くと足の裏に痛みを感じるという方は注意が必要です。場合によっては足底部内出血が起こっている場合もあり、実際にそのような患者様が足底部の痛みを訴えてご相談に来られたこともありましたので、一番良い刺激の度合いは「痛いけど気持ち良い」ということですので、強ければ効いているというのは大きな間違いですので気を付けて下さい。



足の健康は体の健康

 足の健康度は、そのまま体の健康度になると考えられるほど大切な部位です。実際に足底部のバランスが崩れてしまうと、一番大きく左右されるのは体の姿勢と重心バランスになります。人間の体には正面(後面)から見た場合と、横から見た場合にそれぞれ中心軸と言われる体の重心バランスがあります。この重心をうまく支える為に脊椎(背骨)は様々な方向へ弯曲カーブを描いております。

 足底部のバランスが崩れてしまうことでこの中心軸もズレてしまい、その中心軸のゆがみが頭痛や肩こり、腰痛などの症状を引き起こしてしまうこともあります。また、体が本来持っている運動性能が十分に発揮できなくなってしまう為に、高効率的な動作が行えず、無理に力をかけて動作するようになってしまう為に、様々な部位が傷み始めます。

 現在ではインソールと呼ばれる靴の中敷きをオーダーメイドで製作することができるお店も増えており、インソールを使用して足底部を矯正(癖付け)することもできるようになりました。もし気になっている方がおられましたら、フットプリンター呼ばれる器具に立って乗ることで、現在の足底部にかかっている重心バランスを確認することができますので、一度お店に来店して計測してみて下さい。